嫌な気分やモヤモヤを解消する方法

スポンサーリンク




「人は、自分の鏡」と言いますが、

その意味が、最近、よく分かるようになりました。

「嫌なことがある」と誰しもヘコみます。

でも、毎日、特に何も考えていない日々を送っているのだとしたら、

嫌なことって、自分を知る大きな転機になったりします。

「世渡り上手なあの人を見ると嫌な気分になる」という人がいました。

「なぜ、自分が嫌な気分になるのか」をもっともっと深掘りしてみる。

自分の感情の裏にある自分の本心。

意外とそれは、すぐには分りません。

よく考えると、

自分が世渡り下手だから、その人が羨ましい。

ということもあるでしょう。

 

正義感が強くて、

「こうあるべき」という気持ちに支配されているのかもしれません。

所詮、人は人。

自分は人にはなれません。

それに、人に「こうあるべき」と唱えたところで、変わる人はほんの僅か。

そこのエネルギーを注入するのは、無意味だと思います。

 

どうなりたいかが、分からない場合

何かに対して、心が動く。

イライラしたり、嫌な気分になったり。

そんなことは、誰でも経験があると思います。

そんな時は、一旦、その気持ちを傍に置いて、

質問1 あなたは、どんな風になりたいの?

そう自分に問いかけてみたら良いでしょう。

 

実は、この質問に答えられない人は意外と多いです。

答えられない人は、下記のいずれかに当てはまる場合。

1、いろんな人を見すぎて、自分の本当の願望が分からなくなっている人
2、人に会ったり、話を聞く機会が少なく、考えるベースとなる知識が足りない人

 

思い当たることが、あるでしょうか。

自分の願望が人に影響されている場合

例えば、

みんなが、フェイスブックで、「自由は良いよ」「海外旅行は楽しいよ」と言っていると、

自分も自由を求めていたり、

海外旅行ばかりの生活に憧れたりしがちです。

人の願望を自分の願望だと勘違いするパターン。

本当に自由を求めているのか。

本当に自分は海外が好きなのか。

実は、犬と散歩したり、本を読んでいる方が好きなのではないか。

 

以前、こんなこともありました。

店舗を開くのが夢だったけど、

実際に開いてみたら、同じ場所にずっと居るのが苦痛だった。本当は、一箇所に留まらず、いろんな場所に移動して仕事をする方が好きだった。

そんなことに気が付いた人がいます。

 

一度、自分の願望は何なのか。じっくり内面と向き合う必要がありますよね。

狭い世界で生きていて、情報が足りない人の場合

 

「どんな風になりたいの?」と聞かれても、

そもそも、世の中には、どんな人がいて、どんな生き方をしている人がいるのか。

その情報が圧倒的に少ない人も多いです。

そんな人は、夢を描く方法が分からなかったり、枠の外に出る方法が分からなかったり。

そんな場合は、まずは、いろんな人に会ってみると良いと思います。

世の中には、いろんな生き方をしている人がいて、

「こんなこともアリなんだ」と目から鱗が落ちる場合もあるでしょう。

そうなると、だんだん、本当の自分の願望にも気が付いてくる。

 

嫌な気持ちとの付き合い方

嫌な気持ちが湧くことは、ある意味、チャンスだと思います。

今まで、何も考えていなかった自分とサヨナラして、自分とじっくり向き合う。

「本当は、自分がこんなことを望んでいたんだ」と気が付いたら、

あとは、それにむかって、何をすれば良いのか。考えるだけです。

何をすれば良いのか、分からない時が一番、悶々としますから。

闇雲に悩まず、

人に振り回されず、

なりたい自分になることだけ考えたいですよね。

春は、もうすぐそこ。

素敵な自分を創っていきましょう〜




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大分で女性の起業を応援/講師業プロデュース、セミナープロデュースする「美職ネット」運営/自分の知識や経験をコンテンツにして、収入を得る方法を伝えています/起業家に役立つ専門家をよんで、セミナー主催なども/ 子育て講師を養成する「幼児教育セラピスト協会」を立ち上げる/ 「自分の人生の価値を上げる」ために自分の経験や知識をコンテンツ化しよう!!と伝えたい。