コンテンツビジネスに取り組む

スポンサーリンク




昨日、カフェオーナーの永山智美さんと一緒に「オンライン料理教室」をリリースしました。

 

LPはこちらです。

Alyciaキッチン&カフェは、大分市府内町にあるオーガニックなカフェ。

健康志向のある人達には不動の人気。

コロナ禍でも、人は途絶えませんでした。

 

永山さんは、

2018年にカフェ営業が終わってから、料理教室を始められ、

それは、大人気の料理教室に育ち、スイーツクラスなど、クラスの数も増えていきました。

 

これは当時のフェイスブック投稿。

昨年のコロナで、参加できない人が増えてきて、

事業のオンライン化を考えるきっかけにもなったのでしょう。

永山さんは、「オンラインアトリエ」を始めることにしたそうです。

 

料理教室というのは、リアル、オンラインと関係なく、「コンテンツビジネス」には変わりありません。

でも、リアルの料理教室は、あくまでも「労働収入」です。

カフェ営業+料理教室で、収入は増えても、自由な時間は減るばかり。

 

それに比べると、

オンライン料理教室は、

収入も時間も増える状態が作られます。

忙しかった永山さんが、自由な時間を増やすことで、

次なる取り組みをすることができる。

やはり、オンライン化は魅力的です。

コンテンツビジネスというのは、誰でもできるし、

一度作ると、ずっと使えます。

完成するまでは、ちょっとめんどくさいけど、商品がずっと売れ続ける仕組みができると、

不労所得になりますね。

人から聞かれること、教えて欲しいと言われること

 

コンテンツ作りの一歩は、普段、「〇〇の方法を教えてほしい」とか「〇〇を教えて」と言われること。

あなたが得意だと思われることの棚卸しから始まります。

自分が得意だと思っていなくても、「教えて」と言われるのだとしたら、「上手だと思われている」ということ。

「自分はプロじゃないし」という謙遜はともかく、「聞かれる事実」を受け止めることが重要です。

聞かれることはニーズ。

それは、コンテンツとして作るべき内容だと思います。

例えば、

「ステップメールの作り方を教えて」と言われる場合は、「ステップメールが上手な人」とか「あの人に聞いたら、ステップメールが分かる」と思われているということです。

なので「読まれるステップメールの簡単な作り方」というコンテンツを作ると喜ばれます。

このコンテンツを売っても良いし、リスト取りのプレゼントコンテンツとして利用しても良いし。

興味のある人には、「ステップメール作成講座」として、講座を実施しても良いでしょう。

リストを取る

コンテンツを作ったら、必ず、リストを取るようにしましょう。

例えば、冒頭で出てきたオンラインの料理教室の場合。

オンライン講座のお試しをプレゼントしたところ、77名の方々が見てくれました。(これは見込み客リストです)

そして、その後、販売をして購入してくれた方が18名。

ここで大切なのは、リストを取らずにいきなり販売をしたら、59名のリストは取り損ねていたわけです。

この59名は大切な見込み客。

今回は購入に至らなかったけれど、どこかのタイミングで購入してくれる可能性が高いのです。

なので、セールスを焦らず、じっくりと信頼関係を築いていく。

それが、リストマーケティングだと思います。

まとめ

コンテンツビジネスをしようと思ったら、

①よく聞かれるノウハウを探す

②聞いてくる人に分かりやすく説明するつもりでコンテンツを作る

③コンテンツはいきなり売らなくても、プレゼントしても渡す方法もある(リストを集める)

④コンテンツを読んでくれた人に意見や感想をもらいながら、販売する商品(コンテンツ)を作り込んでいく

⑤リストの人達に商品を売る。定期的に情報を提供していく。

簡単に説明するとこんな流れです。

カフェオーナーも美容室経営者も、ぜひコンテンツを作ってみてください。

 




ABOUTこの記事をかいた人

大分で女性の起業を応援/講師業プロデュース、セミナープロデュースする「美職ネット」運営/自分の知識や経験をコンテンツにして、収入を得る方法を伝えています/起業家に役立つ専門家をよんで、セミナー主催なども/ 子育て講師を養成する「幼児教育セラピスト協会」を立ち上げる/ 「自分の人生の価値を上げる」ために自分の経験や知識をコンテンツ化しよう!!と伝えたい。