新しいことをする時は不安がつきもの

スポンサーリンク




新しいことをする時は、ワクワクする反面、ちょっと不安にもなります。

新しいことをやろうと思ったけれど、やはり、やめておこう、、、。

そんな経験を持つ人もいるかもしれません。

 

最近、78歳になる義父と接する機会が多いのですが、

その時にいろんなことを感じるんです。

歳を取ると、人って、少しずつ、幼くなるというか、、

本来の自分に戻るというか、、

理性ではなく、本能的になるような、そんな感じ。

恒常性機能という言葉を聞いたことはありますか?

人は元々、変化に対応しにくいものだと聞きますが、歳を取っていくほど、本能的になるので、その傾向は顕著です。

最近の父は、

新しいことや新しい環境へ挑戦しようと思ったり、でも、躊躇したり、その心の動きが手に取るように伝わってきます。

それを見ていると、

「変化に対する不安」は、誰でもあるし、

「今のままで平穏無事でいたい」と思うのは、当然のことだなあとも思います。

本能の逆を行く

何かの目標を達成したい、、と思った時は、

「今のまま」ではダメなのは、分かっていますが、

では、どうやって?

、、、と思った時、

「本能の逆を行こう」と意識するのは効果的。

これは、メンターでもある、村上宗嗣さんが、メルマガで書かれていた言葉何ですが、

それ以来、いつも、意識しています。

楽な方向とか、みんなが向かう方向ではなく、その逆の方向を目指す。

言うは易し、、ですが、

「ちょっと違うことをやってみよう」くらいの気持ちでも良いですよね。

新しいことを始める時は、

「大丈夫かな」

「上手くいかなかったらどうしよう」

「失敗したら、恥ずかしいな」

そんな気持ちが、湧いてくるのは、当たり前。

でも、

そんな気持ちを持ちつつも、一歩前に進めたらいいな、、、と思いつつ、

新しいことを準備している、今日この頃です。

「最近、新しいことを始めましたか?」

脳の老化防止の為にも、

小さい、大きいに関わらず、常に新しいこと、新しい情報へ目を向け、ちょっとの変化を楽しく余裕を持ちたいものです。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大分で女性の起業を応援/講師業プロデュース、セミナープロデュースする「美職ネット」運営/自分の知識や経験をコンテンツにして、収入を得る方法を伝えています/起業家に役立つ専門家をよんで、セミナー主催なども/ 子育て講師を養成する「幼児教育セラピスト協会」を立ち上げる/ 「自分の人生の価値を上げる」ために自分の経験や知識をコンテンツ化しよう!!と伝えたい。